レポート

6月11日稽古レポート!

こんにちは。お庭の紫陽花がうっすら色付き、日々初夏の訪れを感じております、美月です。 梅雨入りの知らせが気になる今日この頃ですが、皆さまいかがお過ごしでしょうか。 さて、早いもので団員による週替わり記事も第5弾。今回は語彙力の無さに定評のある私が今週行われた稽古の様子を少しばかりの所感を交えながらお伝えしていきます。 まず稽古の前半では、7月6日(土)に行われる朗読会に向けて、朗読の練習を行いました。 前回まではチームごとに読み合わせを行っていましたが、今回から「全員の前で読む」「全員の朗読を聴く」という形の稽古へ。 それぞれのチームが順番に作品を読み、聴いている人たちも感想や意見を伝えます。 「立って読むか、座って読むか」といったように、作品の雰囲気に合わせた演出を考えてみたり、「もっとこうしてみては?」などと、様々なフィードバックが飛び交ったり。 みんなで意見を交換することで、自分やグループ内だけでは気づかなかった課題や改善点が見つかりました。 さぁ、見つかった課題を克服するには、特訓あるのみ! 声だけで物語の内容や情景、雰囲気を伝えるのは難しいところですが、作品のストーリーや朗読、群読の面白さが伝わるように、練習を重ねようと思います。 そして、稽古の後半には即興劇を行いました。 実は、今回の稽古にはなんと4名の方が見学に来てくださいました!ありがとうございます! ということで、まずはウォーミングアップとして並び替えのワークを行いました。 お題はこんな感じ。 ①名前順に並ぶ ②手の大きさ順に並ぶ ③思い浮かべた動物のしっぽの長さ順に並ぶ 順番に並ぶためには周りとのコミュニケーションが欠かせないのですが、その手段に少し縛りを加えてみると、どうなるでしょうか。 例えば、名前順で並ぶときは、「田中」「山田です」のように、言葉でコミュニケーションを取りましたが… しっぽの長さ順に並ぼうというお題には、「声を出さずに」という条件が加えられました。 言葉でコミュニケーションを取れない私たちは、ジェスチャーなど思い思いの方法で、動物の動きや特徴などを一生懸命伝えていきます。 すると、伝わった〜〜〜!!!! ジェスチャーや表情などで物事を伝えるのは、単に言葉を発するよりも難しさは増しますが、「伝えよう」「理解しよう」という意識はより強くなったのではないかと感じました。 ちょっとしたワークの中にも様々な発見があって面白かったです。 緊張がほぐれてきたところで、ワンワードというワークに挑戦。 ワンワードは2人以上で「私は」→「今日」といったように1語を交互に言い合い、ひとつの物語を作るというもの。 自分とは違う相手と言葉を繋いでいくと… 自分の思い描いた着地点とは全く異なる、あっと驚く物語が生まれます。 そこが面白いです。 最後にいよいよ本番の即興劇。 今回はテーマに加えて、事前に決めた音を発してしまったら理由を付けて立ち去るというルールで行いました。 例えば、「し」と言ってしまったら退場というルール。 「何してるの?」とか「美味しい」とか「ししし」とか言ってしまえばアウトなのですが… 実は「し」と言ってしまっても良い!! 「し」って言った後に、どのような理由を付けて、どのように退場するかも見所です! 咄嗟に出る言葉や反応など、即興劇は人間味が出て興味深いなと思いました。 今回は見学の方も沢山いらしていたので、いつもとはまた違った面白さのある物語や新鮮な発想に触れ、勉強になるとともに、とても楽しい稽古になりました。 纏まりのない文章になりましたが、少しでも演劇の面白さが伝わっていると嬉しいです。 以上、今週の稽古レポートでした。 それではまた来週。

レポート

誰でも簡単に楽しみながら演技力を鍛えることが出来るゲーム

誰でも簡単に楽しみながら演技力を鍛えることが出来る。 しかも道具も何も必要ありません。役者が二人以上いればそれだけでオッケーなゲームをご紹介します!
公演情報

【6/20】音楽に語りに!夜会その33

八幡西区の教念寺さんの恒例イベント「夜会」に時佐が出演します! 内 容 平成から令和へ年号が変わってました。その令和最初の「夜会(よるかい)」でございます。新しい年号の始めに相応しく、沢山な方々が参加され 今までにない賑や...
公演情報

【6/23】宋左近と同年代の作家たち・朗読会

「生誕100年」戸畑生まれの詩人宋左近と同年代の作家たち・朗読会に時佐が出演いたします! 内 容 生誕100年を迎えた北九州戸畑生まれの詩人「宋左近」とその同年代の作家たちを読みます。 日 時 令和元年6月23日(...
公演情報

【7/6】ジェンダーと家族をめぐるマラソン朗読会

ムーブフェスタ2019市民企画事業ジェンダーと家族をめぐるマラソン朗読会に出演いたします! 内容 マラソン朗読はジェンダーと家族をめぐる物語を50名を超える朗読家がつなぎつなぎ読む朗読イベントその中で劇団TOKISAも3作品で...
稽古日記

6月4日稽古レポート

おはこんばん〜。初めまして、今回のレポートは未だに書類の日付に令和と書いた事がない、あゆがお送りいたします。 今回も7月6日の朗読マラソンに向けて、朗読の稽古を行いましたよ!まずは「風立ちぬ」の朗読からスタート。 情景...
稽古日記

5月28日稽古レポート!

おはようございます!劇団員のこうです。 団員週替わり記事、3回目です。 よろしくお願いしますー! 僕はまだ劇団TOKISAに入って日が浅いのですが、稽古内容も濃く、劇団員もおもしろくて毎週の稽古がたのしみな今日この頃です。 さて!  そんな5月28日の稽古は ・朗読会の台本の読み合わせ ・8月に行う予定のワークショップの話し合い を行いました。 発生とストレッチを終えると 先週メンバーが揃っていなくてできなかったBチームの「ああ華族様だよ と私は嘘を吐くのであった」から読み合わせを始めました。 僕はこのBチームで、今まで物語を声に出して読むことをしたことがなかったので噛みまくりでした。本番までにまずスラスラ読めるように稽古を重ねたいと思います。 「黄金風景」と「風立ちぬ」も現段階でとても聞きやすくより物語を理解しているなと感じ、本番が楽しみです。 各物語の読み合わせが終わる毎に、代表からひとりひとりにアドバイスをしてもらえたのも新鮮でした。自分の足りない部分や逆に他の人の良い部分を聞くことができたのもとても参考になりました。 ワークショップの話し合いでは、初心者向けのワークショップでどんなワークをする?という話から始まり、演劇の良さやおもしろさについての話題になり、団員それぞれの演劇に対する考えや思いを聞くことができたので良い刺激になりました。 今回の稽古レポートは以上です。 何か新しいことを始めたいと思って入団した劇団TOKISAですが、僕みたいな初心者でも毎週たのしく稽古を行っています。 お芝居に興味がある方、自分を変えたい方におすすめです! 以上、こうでした。 次は誰かな?

稽古日記

5月21日稽古レポート!

おはようございます!劇団員のKonomyです。コノミィと読みます。 団員週替り記事、2回目。 こうしてブログを書くのは初めてなので とても緊張しています。お手柔らかにどうぞ〜 余談ですが、"おはようございます"という挨拶は、業界用語?の...
稽古日記

5月14日稽古レポート

こんにちは!団員のはらでぃです!なんと、今回から団員が週替わりで記事を書くことになりました。 個人的な話ですが、暇つぶしに知らない人のブログを読んだりしているので自分が書くことに戸惑いと楽しみが交々しております。 しかも、トッ...
レポート

【レポート】寄席のような朗読会

朗読会では北九州で活躍する朗読家の方たちが集まり、それぞれの得意分野で朗読を披露されました。紙芝居あり、生演奏あり、落語あり。という、面白い趣向の会でした。劇団TOKISAはリーディング公演を行い、多くのお客様から「面白かった」というお声を頂きました。