寄席のような朗読会に参加決定!朗読劇って言いながらコントやるよぉ(小声

公演情報

語り-寄席のような朗読会

に、劇団TOKISAが出演します!

北九州で永く朗読をされている方々に混じって、劇団TOKISAは朗読劇をさせていただきます。

何がすごいって入場無料!北九州を代表する朗読家さんたちの朗読が無料できけるすごいチャンスです。
ぜひコレを気に朗読に興味を持ってもらえたら・・・。と思います。

演目

劇団TOKISAが行うのは誰もが知ってる芥川龍之介作「蜘蛛の糸」
これをただ朗読するのではなく・・・。
蜘蛛の糸をお客様に「読みたくさせる」ような朗読劇になっております。


少しだけあらすじを説明しますと
読めば読むほど不可思議な蜘蛛の糸のストーリー、芥川龍之介の蜘蛛の糸には原題があった。!?

  • なぜカンダタにだけ救いの手を差し伸べたのか
  • セルフイマジネーション、我執とはなにか
  • お釈迦様が悪人を自分で救うなんてありえない!?キリスト教と仏教の救い方の違い

この謎が、この演目を見ると、分かる・・・かもしれません。
とにかく、蜘蛛の糸を読みたくなるのは確かです!
ぜひ、気になった方はお越しください。入場料は無料です。


これより詳しい事は言えませんが・・・。団員全員で楽しみたいと思います。
ちなみに主催の方には朗読劇をすると、説明しているんですが、稽古すればするほど
「これコントだな・・・・」となっております。
朗読とコント。新しい、未知のなにかが出来そうです。
これを見て、朗読って面白そうだな。とか、他のコントもみてみたいなと言っていただけたら、こんなにうれしい事はありません。

公演情報

日にち

5月4日(土) 14時30分開演(開場は30分前)

場所

北九州市立 長崎街道木屋瀬宿記念館

〒807-1261
北九州市八幡西区木屋瀬3-16-26 

http://www.koyanose.jp/access/

入場料

無料


ゴールデンウィークの土曜日に、朗読はいかがでしょうか。
朗読会に参加したことの無い方にこそ、見に来てほしい。そんな会です。

タイトルとURLをコピーしました